産経ニュース

【第3次安倍改造内閣】閣僚の横顔(中)「レンジャー隊員」「女ヤジ将軍」「宴会部長」…

ニュース 政治

記事詳細

更新

【第3次安倍改造内閣】
閣僚の横顔(中)「レンジャー隊員」「女ヤジ将軍」「宴会部長」…

 ■「名前は『しめす偏に谷』」 森山裕・農林水産相

 自民党のTPP対策委員長も務め、農政に精通している。日本のTPP参加には慎重だったが、安倍晋三首相が交渉参加を決めると、自民党内の反対派を説得する側に回った。農協改革のとりまとめにも奔走した。平成17年の郵政国会では造反したが、翌年には復党。調整能力には定評があるが、知名度は今ひとつ。名前の「裕」は正確には「しめす偏に谷」。入閣を機に有名になりそうだ。

 ■「オヤジギャグの達人」 林幹雄・経産産業相

 麻生太郎内閣以来の再入閣。国土交通副大臣や衆院国交委員長を歴任した国交政策通で、選挙区内にある成田空港の利便性向上をライフワークとしている。父は林大幹元環境庁長官で、政界では珍しい日大芸術学部卒。かつて山崎派(現在の石原派)に所属し、平成12年の「加藤の乱」に参画したが、現在は二階派に所属する。知る人ぞ知るダジャレ(オヤジギャグ)の達人だ。

 ■「官僚より官僚っぽい」 石井啓一・国土交通相

 東大工学部を卒業し、旧建設省入省。平成5年の衆院選で旧東京5区から出馬し、初当選を果たした。8年の衆院選から比例代表に移り、計8回の選挙で落選経験なし。「政策通」といわれる中で15年9月から1年間、財務副大臣を務め、金融・財政に明るい。「余計なことは言わないし、官僚より官僚っぽい政治家」との指摘も。カラオケが好きで、締めの1曲は「宗右衛門町ブルース」。

「ニュース」のランキング