産経ニュース

【内閣改造】1億総活躍担当相に加藤氏 経済産業相に林氏、農水相に森山氏 丸川、島尻両氏も入閣

ニュース 政治

記事詳細

更新

【内閣改造】
1億総活躍担当相に加藤氏 経済産業相に林氏、農水相に森山氏 丸川、島尻両氏も入閣

 安倍晋三首相は7日に行う内閣改造で、新設する1億総活躍担当相に加藤勝信官房副長官を起用することを決めた。拉致問題担当相を兼任させる。

 復興相に高木毅自民党国対筆頭副委員長、法相に岩城光英元官房副長官、文部科学相に馳浩元文科副大臣、農林水産相に森山裕元財務副大臣、経済産業相に林幹雄元国家公安委員長を充てる。

 環境相に丸川珠代参院厚生労働委員長、沖縄北方担当相に島尻安伊子参院環境委員長を起用する。島尻氏は海洋政策・領土問題担当相も兼ねる。

 河野太郎党行政改革推進本部長に、国家公安委員長と行政改革担当相を兼務させる。

 閣僚人事では、麻生太郎副総理兼財務相、高市早苗総務相、岸田文雄外相、塩崎恭久厚生労働相、中谷元(げん)防衛相、菅義偉官房長官、甘利明経済再生担当相、遠藤利明五輪相の留任を固めている。石破茂地方創生担当相も続投する。

 公明党元代表の太田昭宏国土交通相は交代させ、後任には同党の石井啓一政調会長を充てる。

 丸川、島尻両氏は参院当選2回。首相は「女性の活躍推進」を内閣の重要課題に掲げており、女性の積極起用をアピールする狙いとみられる。

 加藤氏は、第2次安倍政権発足時から官房副長官として首相を支えており、目玉政策の1億総活躍社会の実現と最重要課題の拉致問題解決に向け、適切な人材と判断したとみられる。拉致問題を担当させることで首相官邸主導の取り組みを示す。

 自民党役員人事では、高村正彦副総裁と谷垣禎一幹事長、二階俊博総務会長、稲田朋美政調会長、茂木敏充選対委員長の党四役を続投させる。首相は7日午後に公明党の山口那津男代表との与党党首会談を行った後、官邸に組閣本部を設置する。皇居での認証式に続き、同日夜に記者会見し、内閣改造の狙いなどを国民に向けて発信する。

「ニュース」のランキング