産経ニュース

【小泉進次郎政務官の講演詳報(2)】「65歳は高齢者じゃない。73歳の父は元気だ」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【小泉進次郎政務官の講演詳報(2)】
「65歳は高齢者じゃない。73歳の父は元気だ」

「篠原文也の直撃!ニッポン塾」で講演する小泉進次郎内閣府政務官=30日午後、東京・平河町のホテルルポール麹町(酒巻俊介撮影)

 「2つ目に必要だと思っているのは、国の役割は何なのかだ。政府の役割は何なのか。私は一言で言えば、政府の役割は競争を阻害するような人為的な障壁を取っ払うことだと思う」

 「なぜかといえば最後、国の経済を活性化させるのは民間だからだ。その民間の活力を遺憾なく発揮するためには、一つの業界、業界の中で、健全な競争をつくっていかなければならない。国に絶対ないのは、もうからないと淘汰(とうた)される。民間では当たり前のことが、国や役所では発生しない」

 「民間というところは、もうからなければ続かない。もうかるものしか長続きしない。その経済の根本的な部分で、日本はもっと競争環境をつくっていかなきゃいけない。そういった中、今でも国は残念ながらまだ業界横並びという発想を捨てきれない」

 「一つの具体例を挙げると、自動走行車は私はやるべきだと思っている。自動走行にはステージが4段階ある。レベル1、レベル2、レベル3、レベル4。レベル4までいくと、ドライバーが必要ない。完全自動走行がレベル4だ」

 「アメリカの(IT大手の)グーグル、アップル、さまざまなところがそれに向かって研究開発をやっている。日本はどうか。『いくらなんでもそこまではいかないんじゃないか』と思っているところが多い」

このニュースの写真

  • 「65歳は高齢者じゃない。73歳の父は元気だ」

「ニュース」のランキング