産経ニュース

【「石破派」旗揚げ会見詳報(上)】「真実を見極め、勇気と真心を持って語りたい」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【「石破派」旗揚げ会見詳報(上)】
「真実を見極め、勇気と真心を持って語りたい」

水月会結成記者会見で質問に答える石破茂地方創世担当相(左)=28日午前、東京都千代田区永田町のザ・キャピトルホテル東急(斎藤良雄撮影)

 「目指すべきは、国民主権が機能する真の民主主義国家だと思っております。この国の主権者は国民であります。政治を決めるのは一人一人の国民、主権者であります。それが本当に機能していくためには、お任せ民主主義ではなくて、政治と有権者が、政治と国民が、選挙のときだけではなくて日頃から正面から向き合い、私どもとして誠心誠意、述べ、そして行動し、国民の皆様方の納得を、共感を得ることが必要だと確信しております。真の民主主義国家とは、お任せ民主主義ではない。本来の国民主権を実現し、本来の民主主義を実現し、何としてもこの国を次の時代に残したい」

 「そして課題先進国でありますがゆえに、わが日本国が国際社会に向けていかなる責任を果たすべきなのか。人口の問題、格差の問題、難民の問題、食糧の問題、そして安全保障の問題、資源の問題。これから先、われわれが生きていくこの国際社会は決して平坦なものではありません。『今さえよければいい』とか『日本さえよければいいとか』、あるいは『自分たちさえよければいい』ということではない。しかしそのためには、日本が果たすべき責任を果たしていかなければなりません」

「ニュース」のランキング