産経ニュース

【「石破派」旗揚げ会見詳報(上)】「真実を見極め、勇気と真心を持って語りたい」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【「石破派」旗揚げ会見詳報(上)】
「真実を見極め、勇気と真心を持って語りたい」

水月会結成記者会見で質問に答える石破茂地方創世担当相(左)=28日午前、東京都千代田区永田町のザ・キャピトルホテル東急(斎藤良雄撮影)

 「そして積極的に行動し、国民に誠実に向き合うことにより、国民の皆様方の共感と納得を得たいと思います。そのことにより、持続可能性のある、この自由で平和で豊かな日本国が、次の時代にもきちんと受け継いでいける持続可能性のある、あるべき日本国、そしてあるべき地域社会、その実現を期したいと思っております」

 「私自身、この中では議歴は一番長いのですが、国民が政治を信頼しているかといえば、『私は国民として政治を信頼しています』とお答えになるかたは、残念ながらそうは多くないと自分の反省を込めて思っております。私は若い頃から『国民は国民以上の政治家を持てない』とか、あるいは私はこの言い方はとても嫌いなのですが、『この程度の政治家というのは国民に合わせた者しか出てこない』とか、そういうことを自嘲気味に言われる方がありますが、私は決してそうは思いません」

 「『これを言えば票が減る』とか、『これを言えば次の選挙に不利である』とか、『これを言えば批判が予想される』とか、『これを言えば人気が下がる』とか、そういう思いで本当のことを語らない政治は、実は国民を信じていないのだと思います。そうであってはならない。国民を信じない政治が、国民から信用されるとは私は思っておりません」

「ニュース」のランキング