産経ニュース

【「石破派」旗揚げ会見詳報(上)】「真実を見極め、勇気と真心を持って語りたい」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【「石破派」旗揚げ会見詳報(上)】
「真実を見極め、勇気と真心を持って語りたい」

水月会結成記者会見で質問に答える石破茂地方創世担当相(左)=28日午前、東京都千代田区永田町のザ・キャピトルホテル東急(斎藤良雄撮影)

 「さらに『水月道場に坐す』とは、自分がなした行いを言いふらして自慢ぶったりはしない。人からの利益や尊敬を一切期待をしない。本当の自由、無私、無心の境地に立って、日々の一切の行いを務めていくことをいうということであります。われわれはそうありたいと思います。私心を持たず、そして本当に自由な立場で、この日本国のために、そして国際社会のために、そして次の時代のために、われわれが政治家として何をなすべきかを、この言葉に恥ずることのないよう活動してまいりたいと思っております」

 「昨日は中秋の名月でございました。本日はお月さまが一番大きく見えるスーパームーンの日ということであります。別にそれにかこつけたわけでもありませんが。あるいは、NASA(米航空宇宙局)から火星に着いてまた新しい発見が発表されることも聞いております。悠久の宇宙の営み、あるいは悠久の時間の流れからすれば、われわれの営みは小さなものなのかもしれません。しかしながら、この世界史的な大変革期にあって、われわれ、国民から負託を受けた政治家として、そしてまた国民の皆様方から負託を受けた政権与党の一員として何をなすべきなのかを、この言葉をよく理解しながら努めてまいりたいと思います」

「ニュース」のランキング