産経ニュース

【塩川正十郎氏合同葬】小泉元首相が語った塩爺との思い出 「国会史に残る『忘れました』の珍答弁」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【塩川正十郎氏合同葬】
小泉元首相が語った塩爺との思い出 「国会史に残る『忘れました』の珍答弁」

弔辞の途中で涙ぐむ小泉純一郎・元首相(会場外のモニターを複写)=24日午後、大阪府吹田市(恵守乾撮影)

 あるとき、(国会で)野党質問者が塩川財務大臣の官房長官時代にこういうことがあったと発言していた新聞記事をもとに「問題発言だ」と追及してきました。私はそのとき内心「まずいことになったな。これは大きく問題になるのではないか」と心配していました。

 しかし答弁に立った塩川財務大臣はあっけらかんと「忘れました」と一言。一瞬、与野党議員ともにあっけにとられ、それが爆笑に変わり、なんとなく終わってしまいました。

 これも文部大臣、運輸大臣、官房長官の豊富な閣僚経験を経てきた貫禄と、だれからも親しまれていた塩川先生の人柄、人徳の賜(たまもの)だと思いました。この答弁は名(迷?)答弁というか珍答弁というか、国会答弁史に残るのではないかと思っています。

 「塩爺」と呼ばれ、「癒し系大臣」と親しまれた塩川先生のありし日をしのび、心よりご冥福をお祈り申し上げ、お別れの言葉と致します。塩川先生、長い間、ありがとうございました。さよなら。

 平成27年9月24日、小泉純一郎。

このニュースの写真

  • 小泉元首相が語った塩爺との思い出 「国会史に残る『忘れました』の珍答弁」
  • 小泉元首相が語った塩爺との思い出 「国会史に残る『忘れました』の珍答弁」
  • 小泉元首相が語った塩爺との思い出 「国会史に残る『忘れました』の珍答弁」

「ニュース」のランキング