産経ニュース

水戸で初のフルマラソン 「来年10月、1万人規模」市長表明

ニュース 政治

記事詳細

更新


水戸で初のフルマラソン 「来年10月、1万人規模」市長表明

マラソンコースになる予定の千波湖=9日午後、水戸市千波町

 県内で開催されているフルマラソン大会は、サンスポ古河はなももマラソン(古河市、サンケイスポーツ共催)▽つくばマラソン(つくば市)▽かすみがうらマラソン(土浦市)▽勝田全国マラソン(ひたちなか市)-の4大会がある。

高橋水戸市長の答弁要旨「市民とともにおもてなし」

 市民のスポーツ活動の推進とともに、スポーツコンベンションによる新たなにぎわいや交流の創出、さらには中心市街地をはじめ地域経済の活性化を目指し、仮称「水戸マラソン」を開催することにした。

 障害者の自立と、社会参加の促進に向け、関係団体の協力をいただきながら、障害者が参加できるように努める。この大会を通じて、豊かな自然や歴史、地域資源など水戸の魅力を広く伝えていきたい。

 県内外から多くのランナーが集う大会を目指す。海外からの参加も視野に入れながら、全国の市民ランナーに再び来水していただけるように、市民とともにおもてなしをしていく。中心市街地のにぎわいの創出にも努める。

 する、見る、支える生涯スポーツの充実を図り、スポーツ文化を一層進展させることにより、町の個性や魅力を創出し、多くの人が集い、交流する、楽しめる町をつくっていきたい。

「ニュース」のランキング