産経ニュース

【緊迫・安保法案】野党、内閣不信任案提出で抵抗も…18日中に成立へ

ニュース 政治

記事詳細

更新

【緊迫・安保法案】
野党、内閣不信任案提出で抵抗も…18日中に成立へ

 集団的自衛権の限定的な行使容認を含む安全保障関連法案は17日午後、参院平和安全法制特別委員会で、与党などの賛成多数で可決された。民主党など野党5党は、18日午前に内閣不信任決議案を衆院に提出することで合意するなど、徹底抗戦を続けているが、法案は同日中に参院本会議で可決、成立する見通しだ。

 自民党は17日の特別委で、民主党が提出した鴻(こうの)池(いけ)祥(よし)肇(ただ)委員長(自民党)の不信任動議を、与党などの反対多数で否決した直後に、質疑打ち切りの動議を提出して、採決に持ち込んだ。

 賛成したのは、自民、公明両党のほか、次世代の党、日本を元気にする会、新党改革の野党3党。維新の党は反対し、民主、共産、社民の各党と、生活の党と山本太郎となかまたちは採決に加わらなかった。自衛隊派遣をめぐり政府に国会関与の強化を求める内容の付帯決議も与党と次世代などの賛成で採択した。

 自民党の佐藤正久特別委与党筆頭理事は17日午後、国会内で記者団に「安保関連法案は国民の命と幸せな暮らしを守るために絶対に必要だ」と述べた。

「ニュース」のランキング