産経ニュース

【緊迫・安保法案】参院特別委の採決、大きくずれ込み 野党は国会通路を占拠し抵抗

ニュース 政治

記事詳細

更新

【緊迫・安保法案】
参院特別委の採決、大きくずれ込み 野党は国会通路を占拠し抵抗

理事会室前で通路を確保しようとする衛視ともみ合う議員=16日午後、国会内(酒巻俊介撮影)

 集団的自衛権の限定的行使容認を含む安全保障関連法案の参院審議が大詰めを迎えた。与党は16日夜に参院平和安全法制特別委員会で締めくくり総括質疑を行った後、採決する方針だったが、民主、維新、共産など野党5党の抵抗で大きくずれ込んだ。与党は遅くとも17日午前の採決を目指す。ただ、野党5党は成立阻止に向けて内閣不信任決議案を提出するなど徹底抗戦する構えで、成立は18日以降になる可能性が高い。

 特別委は16日、横浜市内で地方公聴会を開催。その後、安倍晋三首相が出席して締めくくり総括質疑を行う予定だったが、民主党などが質疑終結に反発。理事会が断続的に休憩するなど特別委が開催できない状態が17日未明まで続いた。

 自民党の谷垣禎一、公明党の井上義久両幹事長は16日午前に都内で会談し、安保関連法案を週内に成立させる方針を重ねて確認。野党が成立阻止に向けて衆院に内閣不信任決議案、参院に首相問責決議案などを提出した場合、連携して対処することで一致した。

 参院議院運営委員会の中川雅治委員長は16日夜の理事会で、17日午前10時から本会議を開催する日程を職権で決めた。それに先立ち、衆院議院運営委員会の理事会でも、17日午後1時からの本会議日程を林幹雄委員長の職権で決めた。

「ニュース」のランキング