産経ニュース

【安保法案】SEALDsの奥田愛基氏がスーツ姿で公聴会に登場 「国民バカにするな」「到底納得できない」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【安保法案】
SEALDsの奥田愛基氏がスーツ姿で公聴会に登場 「国民バカにするな」「到底納得できない」

参院平和安全法制特別委員会で意見陳述する学生グループ「SEALDs(シールズ)」の中心メンバーで明治学院大4年の奥田愛基さん=15日午後、国会・参院第1委員会室(酒巻俊介撮影) 参院平和安全法制特別委員会で意見陳述する学生グループ「SEALDs(シールズ)」の中心メンバーで明治学院大4年の奥田愛基さん=15日午後、国会・参院第1委員会室(酒巻俊介撮影)

 今こそ政治の力が必要なのです。どうかこれ以上、政治に対して絶望してしまうような仕方で議会を運営するのはやめてください。なにも賛成から、すべて反対に回れというのではありません。

 私たちも安全保障上の議論は非常に大切なことを理解しております。その点について異論はありません。しかし、指摘されたこともまともに答えることができない、その態度に強い不信感があるのです。

 「政治生命を掛けた争いだ」とおっしゃいますが、政治生命と国民1人ひとりの生命を比べてはなりません。与野党の皆さん、どうか若者に希望を与えるような政治家でいてください。国民の声に耳を傾けてください。まさに「義を見てせざるは勇なきなり」です。

 政治のことをまともに考えることが、バカらしいことだと思わせないでください。現在の国会の状況を冷静に把握し、今国会での成立を断念することはできないでしょうか。

 世論の半数を超える意見は、明確にこの法案に対し、今国会中の成立に反対しているのです。自由と民主主義のために、この国の未来のためにどうか考え直していただけないでしょうか。

 私は単なる学生であり、政治家の先生方と比べ、このような場で話すような立派な人間ではありません。もっと正直に言うと、この場でスピーチすることも、昨日から眠れないぐらい緊張してきました。政治家の先生方は毎回、このようなプレッシャーに立ち向かっているのだとすると本当に頭の下がる思いです。

 1票1票から国民の思いを受け、それを代表し、この国会という場所で毎回答弁し、最後に投票により、法案を審議する。本当に、本当に、大事なことであり、誰にでもできることではありません。それはあなたたちにしかできないことです。

このニュースの写真

  • SEALDsの奥田愛基氏がスーツ姿で公聴会に登場 「国民バカにするな」「到底納得できない」
  • SEALDsの奥田愛基氏がスーツ姿で公聴会に登場 「国民バカにするな」「到底納得できない」
  • SEALDsの奥田愛基氏がスーツ姿で公聴会に登場 「国民バカにするな」「到底納得できない」
  • SEALDsの奥田愛基氏がスーツ姿で公聴会に登場 「国民バカにするな」「到底納得できない」
  • SEALDsの奥田愛基氏がスーツ姿で公聴会に登場 「国民バカにするな」「到底納得できない」

「ニュース」のランキング