産経ニュース

【普天間移設】沖縄・翁長知事、辺野古埋め立て承認取り消しへ 「あらゆる手法駆使して造らせない!」 

ニュース 政治

記事詳細

更新

【普天間移設】
沖縄・翁長知事、辺野古埋め立て承認取り消しへ 「あらゆる手法駆使して造らせない!」 

縄県名護市辺野古沿岸部の埋め立て承認の取り消しに向けた手続きの開始を表明する翁長雄志知事=14日午前、沖縄県庁

 沖縄県の翁長雄志知事は14日午前、県庁で記者会見し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設について、公有水面埋立法に基づく辺野古の埋め立て承認を取り消す方針を表明した。事業者の防衛省に対する意見聴取の手続きを経た後、10月中に実施する。政府は同法を所管する国土交通相に取り消し処分の効力停止と処分の取り消しを求める行政不服審査で対抗するが、最終的には法廷闘争に発展する見通しだ。

 翁長氏は「あらゆる手法を駆使して(辺野古に代替施設を)造らせないという公約の実現に向け、全力で取り組む」と述べた。

 防衛省への意見聴取は9月28日に設定。防衛省の見解を確認した上で、承認を取り消す。

 政府との1カ月間の集中協議が決裂し、防衛省は今月12日、辺野古沖で移設作業を再開。海底ボーリング調査を終えた後、10月中に埋め立てに着工する。

 知事の埋め立て承認は工事の法的根拠で、承認を取り消せば工事は進めることができないが、国交相が取り消し処分の効力停止を速やかに認めれば工事に支障を来すことはない。

このニュースの写真

  • 沖縄・翁長知事、辺野古埋め立て承認取り消しへ 「あらゆる手法駆使して造らせない!」 

「ニュース」のランキング