産経ニュース

【酒井充の野党ウオッチ】朝日新聞や民主党が絶賛した8・30国会デモは、デマと罵詈雑言が飛び交う「異常空間」だった…

ニュース 政治

記事詳細

更新

【酒井充の野党ウオッチ】
朝日新聞や民主党が絶賛した8・30国会デモは、デマと罵詈雑言が飛び交う「異常空間」だった…

 8月30日午後、国会議事堂周辺には約2時間にわたり安全保障関連法案に反対する大勢の人が集まった。主催した市民団体「戦争させない・9条壊すな! 総がかり行動実行委員会」は12万人が参加したとしている(警察当局の発表は約3万3000人)。民主党の岡田克也代表ら野党4党の党首も駆け付けて廃案を訴えた。朝日、毎日、東京各紙は翌31日付朝刊で上空から撮影した集会の写真を1面に掲載し、社会面などでも大展開した。「届かぬ民意 危機感結集」(東京1面)だそうだ。

 集会では、日米安全保障条約に関する「60年安保闘争」や「70年安保闘争」を懐かしむ初老の人々が安倍晋三首相を「安倍」と呼び捨てにすれば、若者はデマを拡散し、「安倍を倒せ!」と叫んだ。こうした集会の異常さを朝日、毎日、東京などのメディアは伝えず、さも「善良な市民の集会」との印象で報じ、岡田氏は「力を貸して」と協力を求めた。礼節も常識もなく罵詈雑言とデマが飛び交い、それに誰も異を唱えない-。日本の将来の危機を感じさせる集会だった。

 国会周辺は集会が始まる午後2時前から不穏な雰囲気だった。小雨が降る中、最寄りの地下鉄駅は大混雑。それでも何度か経験した7万人規模のコンサートの雑踏に比べれば明らかに人は少ない。集会が終わると、ほどなくして嘘のように国会周辺は静寂に包まれた。大規模コンサートの帰途は、こうはいかない。

 負傷者を出さないために通行を規制する警察官に「なんで通さないんだ! デモをつぶしたいんだろ!!」と毒づく中年の男性がいるかと思えば、「火炎瓶を投げたくなるよ」と不穏な言葉を漏らす青年の姿も。「警察帰れ!」のコールも起きた。この場から本当に警察がいなくなったら混乱に拍車がかかるのは火を見るよりも明らかだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 朝日新聞や民主党が絶賛した8・30国会デモは、デマと罵詈雑言が飛び交う「異常空間」だった…
  • 朝日新聞や民主党が絶賛した8・30国会デモは、デマと罵詈雑言が飛び交う「異常空間」だった…

「ニュース」のランキング