産経ニュース

【自民総裁選】野田聖子氏がなお推薦人集めに奔走 背後で古賀誠氏らが支援… 警戒強める党執行部

ニュース 政治

記事詳細

更新

【自民総裁選】
野田聖子氏がなお推薦人集めに奔走 背後で古賀誠氏らが支援… 警戒強める党執行部

野田聖子氏

 党内では、参院で審議の最終盤を迎える安全保障関連法案に与える影響を懸念する声も増えている。野田氏を支援してきた古賀誠元幹事長は安保法案に批判的で、野田氏も昨年5月発売の月刊誌「世界」のインタビューで、集団的自衛権の行使容認を憲法解釈変更で行うことを批判した。

 しかし、野田氏は7月に党が閣議決定案を了承した際には総務会長としてとりまとめた経緯があり、総裁選の争点に掲げるのは難しい。野田氏は5日、岐阜市で記者団に「反安保ではない」と述べ、安保関連法案に否定的との見方を自ら打ち消した。

 「政策論争なき総裁選になりかねない」とみて、野田氏に近い浜田靖一衆院平和安全法制特別委員長や小此木八郎国対委員長代理も「今回は引くべきだ」などと断念するよう説得を続けているとされる。

 一方で、尾辻秀久元参院副議長が野田氏の推薦人になる意向を周囲に表明。古賀氏も若手に働きかけているともされ、首相サイドは警戒を続けている。

 古賀氏が名誉会長を務める岸田派(会長・岸田文雄外相)は4日、幹部が緊急協議。派として決定した首相再選支持の念を押すため、5日から6日にかけて、幹部が手分けして所属議員に確認作業を行った。同派幹部は強調する。

 「宏池会は首相再選支持で一糸乱れないことを示す」

「ニュース」のランキング