産経ニュース

【自民党総裁選】「私の心は『義を見てせざるは勇無きなり』に尽きる」 野田聖子氏が出馬に意欲 あいさつ全文

ニュース 政治

記事詳細

更新

【自民党総裁選】
「私の心は『義を見てせざるは勇無きなり』に尽きる」 野田聖子氏が出馬に意欲 あいさつ全文

「野田聖子さんのさらなる飛躍を期待する会」で、応援に駆けつけた議員と乾杯する野田聖子氏=1日午後、東京都千代田区(斎藤良雄撮影)

 1本目の矢はおかげさまで、見事に成功し、そして、円高であった74、5円だったと思います、当時。が、いまや120円を前後する勢いであります。これは緊急避難的にも、いちばん日本の経済の要であった大規模な輸出関連の会社ですら、円高によって赤字を計上している。ここをまずは、一番最初にいの一番に立て直さないといけない。それはやはり、金融政策、円安へ誘導することしかないんだということで、安倍首相のリーダーシップのもとで、ことは行われました。結果はオーライだったと思います。危機的な状況は回避できました。そして次々と2本目、3本目の矢が放たれて、いまごろは、都市部はもとより、津々浦々、地方の岐阜もあちこちも、多くの人たちが生活の豊かさを実感できるはずだったんです。

 しかし残念ながら、その途中で幾多の障害がありました。円安の効果があった企業に比べ、地方は円安の被害に見舞われてしまったからです。あとは、理論的には大丈夫だろうと思われていた、消費税が上がったことによって、本来、期待していた個人消費の伸び悩みがありました。12月も、この道しかないということでお願いをしたものの、やはり私たちはここで一つ、立ち止まることはないにせよ、本当にこれでちゃんと近未来の日本の安定が図れるかどうかの議論をもう一度出すことも必要ではないか、と思ってもいます。そんななかで、私たちはさまざまな国会を運営してきました。とてもいいこともあれば、多くの反対意見をいただく内容もございます。

「ニュース」のランキング