産経ニュース

【自民党総裁選】「私の心は『義を見てせざるは勇無きなり』に尽きる」 野田聖子氏が出馬に意欲 あいさつ全文

ニュース 政治

記事詳細

更新

【自民党総裁選】
「私の心は『義を見てせざるは勇無きなり』に尽きる」 野田聖子氏が出馬に意欲 あいさつ全文

「野田聖子さんのさらなる飛躍を期待する会」で、応援に駆けつけた議員と乾杯する野田聖子氏=1日午後、東京都千代田区(斎藤良雄撮影)

 自民党の野田聖子前総務会長は1日、東京都内のホテルで開いた自身の政治資金パーティーでのあいさつで、「議論する場所を提供することが必要だ。今の私の心は『義を見てせざるは勇無きなり』という言葉に尽きる」と述べ、安倍晋三首相の任期満了に伴う党総裁選(8日告示、20日投開票)への出馬に意欲を示した。あいさつの全文は次の通り。

 「皆様こんばんは。野田聖子でございます。今回もですね、皆様方には、大変お忙しい中、また、物心両面にわたって、この私のパーティーにご理解をたまわりました。高い所からですけれども、本当にまた、皆様方とこうやって再会できた喜び。そして、中には心配げな顔をして見守っていただける皆様方。そういった方があってこその、私、野田聖子の政治活動だったと思います。改めまして、心をこめて御礼申し上げたいと思います。皆様、ありがとうございます。

 また、正直、今日に限っては、国会議員の皆さんは、来ていただけないかもしれないという不安がよぎっていたわけですけれども、オーストリアの出張から、すぐにお出かけいただいた石破(茂)地方創生担当相、そして、長年のお付き合いをいただいている山口俊一沖縄北方担当相をはじめ、本当に、23年、苦楽をともにした、浜田(靖一)元防衛相、小此木(八郎)自民党国対委員長代理。尾辻(秀久)元参院副議長、まだまだ私が愛してやまない同志の皆様方が、お出かけいただきました。これはもう、なんとも言えない思いでいっぱいであります。本当に、今日は、いろんな意味で、お出かけいただいたことを、感謝し、御礼申し上げたいと思います。本当に大臣はじめ皆さん、ありがとうございました。

「ニュース」のランキング