産経ニュース

ヘルメットもゲバ棒もなし…安保法案反対派の急先鋒「SEALDs」の正体とは? ラップ調で抗議活動、ネット活用…

ニュース 政治

記事詳細

更新


ヘルメットもゲバ棒もなし…安保法案反対派の急先鋒「SEALDs」の正体とは? ラップ調で抗議活動、ネット活用…

国会前で行われた安保法案反対デモ=30日、東京都千代田区(早坂洋祐撮影) 国会前で行われた安保法案反対デモ=30日、東京都千代田区(早坂洋祐撮影)

 シールズの特徴は、インターネットなどを活用し、洗練されたイメージ戦略で主張を訴える一方、どこにでもいるような若者が素顔や実名を出して抗議活動を繰り広げていることだ。

 「党派色や過激性を徹底的に否定し、クリーンさを強調したことで若い世代に共感を呼んでいる」。公安関係者はこう指摘する。

 実際に取り組みは関心を集めてきた。メディアはシールズの活動を「若者たちの叫び」などと報道。全国各地で共感した若者が同様のグループを立ち上げ活動を始めた。国会前のほか、東京・渋谷などの繁華街でもデモを実施。最近の国会前での抗議活動では最大7千人を集めた。

他グループと衝突

 一方で、他のグループとの衝突も起きている。警察関係者によると、中核派など“古参”の極左グループに対して過去の内部抗争や過激行動を厳しく批判。シールズの活動に合わせビラ配りや勧誘を行う活動家らとのトラブルも発生した。

 野党も、その存在に注目しているようだ。共産党は機関紙「赤旗」にシールズの活動を大々的に掲載。国会前の集会には、民主党の岡田克也代表ら野党幹部とともに、共産党の志位和夫委員長も駆けつけた。

 「政治権力が憲法を壊し始めたら独裁政治になる。独裁政治の道、専制政治の道を断固として拒否しようではありませんか」。志位氏の訴えに、参加者からは歓声と拍手が起こった。

このニュースの写真

  • ヘルメットもゲバ棒もなし…安保法案反対派の急先鋒「SEALDs」の正体とは? ラップ調で抗議活動、ネット活用…
  • ヘルメットもゲバ棒もなし…安保法案反対派の急先鋒「SEALDs」の正体とは? ラップ調で抗議活動、ネット活用…

「ニュース」のランキング