産経ニュース

【新国立競技場】総工費は1550億円上限を正式決定

ニュース 政治

記事詳細

更新

【新国立競技場】
総工費は1550億円上限を正式決定

新国立競技場の建設予定地(右下)=7月、東京都新宿区

 政府は28日、2020年東京五輪・パラリンピックのメーン会場となる新国立競技場(東京都新宿区)の関係閣僚会議(議長・遠藤利明五輪相)を官邸で開き、総工費を1550億円を上限とする新整備計画を正式に決定した。20年4月までの確実な完成を目指す。

 事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)が9月以降、設計から工事まで一括で発注するため国際公募を行い、年内に事業者を選定する。公募では、完成時期を20年4月より前倒しできる提案に評価点を加点する。財源の負担は東京都にも求める考えだ。

 観客数は完成時に6万8千人とした。五輪後は陸上トラック部分に1万2千席を増設し、サッカーのワールドカップ(W杯)の誘致条件となる「常設8万人」の基準を満たす仕様に変更する。五輪後を見据え、民間からのビジネスプランの公募に向けた検討も急ぐ。

このニュースの写真

  • 総工費は1550億円上限を正式決定

「ニュース」のランキング