産経ニュース

【戦後70年談話】首相会見詳報(1)「政治は歴史に謙虚でなければならない」「先の大戦への深い悔悟の念を誓った」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【戦後70年談話】
首相会見詳報(1)「政治は歴史に謙虚でなければならない」「先の大戦への深い悔悟の念を誓った」

70年談話を発表し、記者会見する安倍晋三首相=14日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 安倍晋三首相は14日、官邸で記者会見し、戦後70年の首相談話を発表した。首相は「政治は歴史に謙虚でなければならない。政治的、外交的な意図で歴史がゆがめられるようなことは決してあってはならない」と述べた。会見の詳報は以下の通り。

 「8月は私たち日本人にしばし、立ち止まることを求める。今は遠い過去なのだとしても、過ぎ去った歴史に思いを致すことを求める。政治は歴史から未来への知恵を学ばなければならない。戦後70年という大きな節目に当たって、先の大戦への道のり、戦後の歩み、20世紀という時代を振り返り、その教訓の中から未来に向けて、世界の中で日本がどういう道を進むべきか。深く思索し、構想すべきだと、私はそう考えた」

 「同時に政治は歴史に謙虚でなければならない。政治的、外交的な意図によって歴史がゆがめられるようなことは決してあってはならない。このことも、私の強い信念だ。ですから、談話の作成に当たっては、『21世紀構想懇談会』を開いて、有識者のみなさまに率直かつ徹底的なご議論をいただいた。それぞれの視座や考え方は当然ながら異なる。しかし、そうした有識者のみなさんが熱のこもった議論を積み重ねた結果、一定の認識を共有できた。私は、この提言を『歴史の声』として受け止めたいと思う。そして、この提言の上に立って、歴史から教訓をくみとり、今後の目指すべき道を展望したいと思う」

このニュースの写真

  • 首相会見詳報(1)「政治は歴史に謙虚でなければならない」「先の大戦への深い悔悟の念を誓った」
  • 首相会見詳報(1)「政治は歴史に謙虚でなければならない」「先の大戦への深い悔悟の念を誓った」
  • 首相会見詳報(1)「政治は歴史に謙虚でなければならない」「先の大戦への深い悔悟の念を誓った」
  • 首相会見詳報(1)「政治は歴史に謙虚でなければならない」「先の大戦への深い悔悟の念を誓った」
  • 首相会見詳報(1)「政治は歴史に謙虚でなければならない」「先の大戦への深い悔悟の念を誓った」

「ニュース」のランキング