産経ニュース

【河野元衆院議長発言】(2)「70年節目に、国立追悼施設をつくれ」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【河野元衆院議長発言】
(2)「70年節目に、国立追悼施設をつくれ」

 河野洋平氏

 --あまりにも70年談話の言及にこだわっていて、議論が偏っていると見ているのか

 河野氏「私は、この談話が、対外的な、外国に対する発信というだけで見ている(と考える)。特に中国、韓国、アメリカも若干そうだが、そこがどう受け止めるかということに、関心が行き過ぎていて、国民はまったく置き去りにされているんじゃないか。

 やっぱり政治の流れとして、やっぱり秘密保護法から始まって、今の安保法制に来ている。政治のひとつの流れの中で、この談話の話になると、やっぱりそういう(国民が置き去りになっているという)ことを感じざるを得ない」

 --河野さんは日本記者クラブで村山(富市元首相)さんと会見されたとき、今は言葉よりも行動を取るべきときだと発言した。日本が取るべき行動とは具体的に何か

 河野氏「とにかく今、政治家の言葉が軽くて、いろいろ言うけど、それが後で具体化されたかというところまで、メディアもちゃんとフォロー(検証)していない部分もある。

 今度の談話だって、談話を出すけれども、その談話にじゃあどういう実態が担保されるか。談話でこう言ったから、必ずこうなるよという担保はどこにもない。

 もし談話を出すなら、その談話が担保されるような法律を作るとか、あるいはむしろ具体的な作業に取りかかるということが大事じゃないかと思っている。

「ニュース」のランキング