産経ニュース

【安保法制】村山富市元首相の提言「国民軽視の姿勢、許せない」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【安保法制】
村山富市元首相の提言「国民軽視の姿勢、許せない」

村山富市元首相=6月、大阪市(南雲都撮影)

 安全保障関連法案に反対するマスコミOB有志が発表した村山富市元首相の提言の主な内容は次の通り。

 1、圧倒的多数の憲法学者が今回の安保関連法案は憲法に反すると証言している。また政府が提出する法律案の是非に携わってきた歴代法制局長官が、この法案は違憲であると証言している。

 これまでの歴代自民党政府も集団的自衛権は憲法が認めないとして、現行憲法は守られてきた。

 にもかかわらず安倍首相は勝手に憲法解釈を変え、閣議決定により合憲として国会に提出した。こうした立憲主義を無視した手法は問題だ。

 2、国会提出以降、国民はいまだかつてない国会の審議に注目しているが、首相は野党の質問にまともに回答するのではなく、一方的に長々としゃべりたいことをしゃべっているだけで、問題点が解明されない。

 審議した時間が問題ではなく、審議を通して問題点が解明され、国民にも是非についてある程度理解ができたかどうかが問題である。首相自らが、「まだ理解されていない」と認めながら、審議時間だけを取り上げて、質疑を打ち切り強行採決を行い、多くの野党が欠席のまま衆院本会議で採決した。議会制民主主義を無視した横暴なやり方は認められない。

「ニュース」のランキング