産経ニュース

【転換への挑戦】元首相・中曽根康弘 戦後70年 前進の起点

ニュース 政治

記事詳細

更新

【転換への挑戦】
元首相・中曽根康弘 戦後70年 前進の起点

 〔6〕徳富蘇峰(1863~1957年) 言論人、歴史家。戦後、公職追放処分を受けた。主な著書に『将来之日本』『近世日本国民史』。

 〔7〕松村謙三(1883~1971年) 元文相。1962(昭和37)年、国交正常化前の中国を訪問し、日中総合貿易(LT貿易)の覚書調印に尽力した。

 〔8〕高碕達之助(1885~1964年) 実業家、元通産相。62年に訪中、LT貿易覚書に調印した。

 なかそね・やすひろ 大正7(1918)年、群馬県生まれ。昭和16年、東京帝大法学部を卒業後、内務省に入省し、海軍主計中尉に任官(最後は海軍主計少佐)。22年に衆院初当選。以後、当選20回。57年から62年まで首相を務めた。平成9年、大勲位菊花大綬章。24年、正論大賞特別賞。公益財団法人世界平和研究所会長、高松宮殿下記念世界文化賞国際顧問、新憲法制定議員同盟会長などを務めている。97歳。

「ニュース」のランキング