産経ニュース

自衛隊が米の核運搬? 民主、原爆の日を政治利用

ニュース 政治

記事詳細

更新


自衛隊が米の核運搬? 民主、原爆の日を政治利用

 横畠裕介内閣法制局長官が「憲法上、核兵器を保有してはならないということではない」と白氏に答弁したように、憲法も核保有を否定していない。憲法9条は自衛のための必要最小限度を超えない実力の保持を認めており、この必要最小限度の範囲にとどまる限り、核兵器の保有を禁じていないというのが、これまでの政府解釈だからだ。「国是」とされる非核三原則などの政策判断や各種条約で不保持を表明しているだけだ。

 白氏らの理屈では日本は憲法改正などで核不保持を明確化すべきだが、民主党にその動きはない。NPTが歯止めでないなら、民主党が唱えてきた「北東アジア非核兵器地帯条約案」も同様に無意味だ。それどころか、米国が日本にさしかける「核の傘」の有効性を確認する日米の定期協議は民主党政権で始まった。

 「法文上は可能かどうかだけを聞いている」。白氏が繰り返した言葉からは、「核運搬論」の非現実性を知りつつ、法案への国民の不安をあおる戦術が浮き彫りになる。

「ニュース」のランキング