産経ニュース

米NSA盗聴疑惑 菅官房長官「事実なら極めて遺憾」 米に事実確認を要求

ニュース 政治

記事詳細

更新


米NSA盗聴疑惑 菅官房長官「事実なら極めて遺憾」 米に事実確認を要求

記者会見する菅官房長官=3日午前、首相官邸

 菅義偉官房長官は3日午前の記者会見で、米国家安全保障局(NSA)が日本の中央省庁などを盗聴していたとする機密資料を内部告発サイト「ウィキリークス」が公表した問題について、「仮に事実なら同盟国として極めて遺憾だと思う」と述べた。

 菅氏は日本政府の対応について「クラッパー米国家情報長官と連絡を取り合い、事実関係の確認を強く求めている」と説明。ウィキリークスのサイトでは政府関係者などの電話番号の一部が公表されたが、「機密の取り扱い体制は万全を期している」と述べ、情報漏洩はないとの認識を示した。

「ニュース」のランキング