産経ニュース

【安保法案】「ミサイルは10分で日本に到達」 「現実」語る政府・与党、「字面」にこだわる民主党

ニュース 政治

記事詳細

更新

【安保法案】
「ミサイルは10分で日本に到達」 「現実」語る政府・与党、「字面」にこだわる民主党

 参院平和安全法制特別委員会は30日、安倍晋三首相が出席して安全保障関連法案の集中審議を行った。政府・与党は北朝鮮の弾道ミサイルへの対処を挙げて法案の必要性を訴え、民主党は「専守防衛」の言葉の定義などを追及した。「現実」から国民理解を広げようと努める政府・与党と、難解な「字面」に固執する民主党の問題意識は交わりそうにない。

 北朝鮮はすでに日本全域を射程に収める弾道ミサイルを数百発保有しており、米本土を目指し技術開発を続行している。この日は自民党の塚田一郎氏が質問に立ち、北朝鮮の「能力」「意図」「法案の必要性」の順に、政府側と平仄(ひょうそく)を合わせた質疑を展開した。

 質疑ではまず、ミサイル実験の急増ぶりが明らかとなった。中谷元(げん)防衛相が「スカッド」級以上の発射実験について「金正日氏の在任19年で5回」から「金正恩氏の在任3年で9回」と急激にペースアップしたことを説明し、背景をこう分析した。

「ニュース」のランキング