産経ニュース

2合区を含む「10増10減」案 自民造反議員の処分未定…責任問題回避 選挙不安視も

ニュース 政治

記事詳細

更新


2合区を含む「10増10減」案 自民造反議員の処分未定…責任問題回避 選挙不安視も

 合区対象となった舞立昇治参院議員(鳥取選挙区)は本会議退席後、記者団に「愛着のある県で暮らす人々の切実な声は『一票の価値』では推し量れない」と述べ、県民の声が中央に届きにくくなることによる支持者離れを危惧。ある中堅参院議員も「自民党はボトムアップの組織。県の代表がいなくなったことで、県議や市町村議の動きが鈍れば、参院選だけではなく衆院選にも影響する」と危機感をあらわにする。

 党のけじめも曖昧になりそうだ。伊達忠一参院幹事長は本会議後の記者会見で、造反した6人について、「同情に値する。規則の問題ではない」と述べ、処分は不要との考えを示した。

 処分すれば、その原因を作ったともいえる参院幹部の責任問題に発展しかねない。来年夏の参院選を前に当面混乱は続きそうだ。 (清宮真一、水内茂幸)

「ニュース」のランキング