産経ニュース

【新国立競技場】「白紙」の内幕 “難関”森元首相を黙らせたA4文書

ニュース 政治

記事詳細

更新

【新国立競技場】
「白紙」の内幕 “難関”森元首相を黙らせたA4文書

森喜朗元首相との会談を終え、記者団に新国立競技場の計画見直しを表明した安倍晋三首相 =17日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 「2019年ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会には間に合いませんが、お許しいただきたい」

 安倍晋三首相は17日午後、首相官邸5階の執務室で、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗元首相にこう頭を下げた。

 それでも不満そうな表情の森氏に首相が示したのが、建設計画を見直した場合の工期などを示した1枚の紙だった。

 「ギリギリ間に合うと希望的なことを言ってできないとかえってまずいでしょう」

 森氏は、内容を確かめると小さな声で応じた。

 「それじゃ、やむをえませんね」

 首相が示したA4の文書は、国土交通省などが作成したものだった。もう一度、コンペをやり直して半年以内に設計を決定し、20年春に完成させ、五輪には間に合わせるという計画見通しが示されていた。

このニュースの写真

  • 「白紙」の内幕 “難関”森元首相を黙らせたA4文書
  • 「白紙」の内幕 “難関”森元首相を黙らせたA4文書

「ニュース」のランキング