産経ニュース

【新国立競技場】森喜朗会長「生カキがドロッとたれたみたい」 キールアーチ酷評 BS番組での発言詳報 

ニュース 政治

記事詳細

更新

【新国立競技場】
森喜朗会長「生カキがドロッとたれたみたい」 キールアーチ酷評 BS番組での発言詳報 

森喜朗氏

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗元首相は17日のBS朝日の番組収録で、新国立競技場の建設計画について「見直した方がいい」と述べ、計画見直しを容認した。発言の詳細は以下の通り。

 ーー新国立競技場の建設費が当初の1300億円から総工費2520億円に膨らんだ

 「私も分からない。ただね、国が造ろうと民間が造ろうと相手はゼネコンだ。その企業にとっては命がけだ。そこで折り合いがつかないから」

 「一生懸命、(総工費を)下げようと思ってらっしゃると思うが、交渉しているのは、JSC(日本スポーツ振興センター)は文科省の下部機構、こんな大きな事業をするような部署はない。専門家はいない。もともと学校給食とか交通安全とか。toto(スポーツ振興くじ)を扱うようになって、お金が入るようになった。1000億円以上売り上げがある。文科省はスーパーゼネコンを相手にするようなところはない。業者と交渉することに、かなり無理があったと思う。こういうのはわからないが、国土交通省は何千億の仕事をやるから、そういう契約は手慣れている」

 ーー責任体制があいまいだ

「ニュース」のランキング