産経ニュース

【新国立競技場】菅官房長官「デザインが工費膨張の原因」 デザイン変更必要と指摘

ニュース 政治

記事詳細

更新

【新国立競技場】
菅官房長官「デザインが工費膨張の原因」 デザイン変更必要と指摘

記者会見する菅官房長官=17日午前、首相官邸

 菅義偉官房長官は17日午前の記者会見で、2020年東京五輪・パラリンピックのメーン会場となる新国立競技場の総工費が2520億円に膨らんだ問題に関し、「デザインそのものが大きな工事費につながっている」と述べ、総工費圧縮にはデザイン変更が必要との認識を示した。

 菅氏は総工費の経緯について「デザイン案に基づき設計すると費用が3000億円に達することを、下村博文文部科学相が平成25年10月に国会で答弁したが、あまりにも高すぎるので工費を縮小し、最終的に2520億円になった」と説明した。

 一方で、「当初の時点でコストについて十分な議論をしていなかったのではないか」とも述べ、建設計画策定の経緯を検証する方針を示した。

「ニュース」のランキング