産経ニュース

【安保法案衆院通過】衆院本会議、与党の賛成で可決 今国会成立が確実

ニュース 政治

記事詳細

更新

【安保法案衆院通過】
衆院本会議、与党の賛成で可決 今国会成立が確実

安全保障関連法案の採決を前に、衆院本会議場を退出する民主党の議員ら=16日午後

  集団的自衛権の限定的な行使容認を含む安全保障関連法案は16日午後、衆院本会議で採決が行われ、自民、公明両党と次世代の党の賛成で可決された。民主党など主要野党は採決時に退席した。法案の衆院通過により、参院が60日経過しても議決しない場合に衆院で再可決できる憲法59条の「60日ルール」が9月14日以降に適用可能となり、同月27日までの今国会での成立が確実となった。

 安倍晋三首相は法案の衆院通過を受け、「日本国民の命を守り、戦争を未然に防ぐために必要な法案だ」と強調。「国会での議論の場は参院に移るが、『良識の府』ならではの深い議論を進めていきたい。丁寧な説明に力を入れたい」と述べた。本会議終了後、官邸で記者団の質問に答えた。

「ニュース」のランキング