産経ニュース

【世界遺産交渉の舞台裏】外相会談合意無視した韓国、密室で飛び交う怒号 交渉責任者「韓国の悪意に充ちた行為確信した」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【世界遺産交渉の舞台裏】
外相会談合意無視した韓国、密室で飛び交う怒号 交渉責任者「韓国の悪意に充ちた行為確信した」

 部屋に怒号が響く中、緊張感はさらに高まった。

 杉山「『forced to work』とした外相会談の合意を一方的に変えてきたのは韓国だ」

 趙「日本の判断がそうであれば、それぞれの判断で行動すればいい」

 杉山「韓国が『forced labor』を利用し悪意に満ちたことを行おうとしていると確信した」

 趙「尹炳世(ユン・ビョンセ)外相には報告する」

 衝突寸前の両者は、交渉継続を確認し、杉山は帰国日を1日延長した。

 日本は、昭和40年の日韓請求権協定によって「朝鮮半島出身の徴用者を含め日韓間の請求権問題は完全かつ最終的に解決済み」(岸田文雄外相)との立場を一度も変えたことはない。

 また、19年9月から20年8月の終戦までの国民徴用令に基づく朝鮮半島出身者を含めた日本人徴用が、強制労働条約上も違法でないことを何度も韓国に説明してきた。同条約のイギリス英語は、禁止する強制労働を「forced labour」と明記している。

 韓国国内で徴用に関する訴訟が相次ぐ中、日本政府は韓国側がこの文言を明言する場合は、協力合意を破棄する方針で交渉に当たっていた。

このニュースの写真

  • 外相会談合意無視した韓国、密室で飛び交う怒号 交渉責任者「韓国の悪意に充ちた行為確信した」

「ニュース」のランキング