産経ニュース

宮古島、陸自受け入れへ 市議会が陳情書採択

ニュース 政治

記事詳細

更新


宮古島、陸自受け入れへ 市議会が陳情書採択

沖縄県・宮古島への陸上自衛隊警備部隊などの早期配備を求める陳情書を賛成多数で採択する宮古島市議会=8日

 沖縄県宮古島市議会(真栄城徳彦議長)は8日の定例会で、宮古島への陸上自衛隊警備部隊などの早期配備を求める市民団体の陳情書を賛成多数で採択した。下地敏彦市長は市議会の意見を尊重する考えを明言しており、近く受け入れを正式表明する見通しだ。

 本会議の討論で、配備賛成派の市議は「抑止力として必要だ。経済的メリットも大きい」と主張、反対派市議は「議論が尽くされていない」と反発した。

 防衛省は南西諸島の防衛力強化のため、宮古島市の牧場とゴルフ場への陸自配備を計画。離島攻撃や災害への対応に当たる警備部隊や地対空・地対艦ミサイル部隊など、計700~800人規模になると見込んでいる。

このニュースの写真

  • 宮古島、陸自受け入れへ 市議会が陳情書採択

「ニュース」のランキング