産経ニュース

【世界遺産登録】日本代表団の対応を聴取へ 自民総務会、外務省から

ニュース 政治

記事詳細

更新

【世界遺産登録】
日本代表団の対応を聴取へ 自民総務会、外務省から

 自民党の二階俊博総務会長は7日の記者会見で、「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産への登録をめぐる日韓交渉で、朝鮮半島出身者が「意思に反して連れてこられ、厳しい環境で労働を強いられた」とした日本代表団の対応について、次回の党総務会で外務省から事情聴取する考えを示した。

 この日の総務会では、韓国が最終局面で強硬姿勢に転じたことに関して小池百合子元防衛相が「韓国はゴールポストを動かして別のゲームを始めた。外務省は詰めが甘かった。両国関係の将来に禍根を残した」と指摘。党内には「平成の河野談話になる恐れがある。安倍晋三政権のポカだ」(幹部)との懸念もある。

 外務省の対応について岸田文雄外相は記者会見で「強制労働があったと認めるものではなく、これまでの日本政府の認識を述べたものだ」と強調した。

「ニュース」のランキング