産経ニュース

【正論】大国間戦争を回避する集団防衛 京都大学大学院教授・中西寛

ニュース 政治

記事詳細

更新

【正論】
大国間戦争を回避する集団防衛 京都大学大学院教授・中西寛

 そのことは憲法9条の原点といえるマッカーサー草案に明らかである。草案では「日本はその紛争を解決する手段としても、自衛のためすらも戦争を廃棄する」という文言が、「主権的権利としての戦争は廃止された。…日本はその防衛と保護を今や世界を動かしつつある高邁(こうまい)な理想に委ねる」という言葉の間にはさまれている。後段の部分は1946年当時まだ実現が期待されていた国連集団安全保障体制を指している。すなわち、日本の戦争放棄はそもそも国際安全保障とセットで考えられていたのである。

 しかしマッカーサー草案は憲法前文と9条に分解され、その過程で国際政治構造と憲法条項の結合性は見失われていった。それでも「自衛のため」という文言が削除されたことに対してマッカーサーも反対しなかったのは、冷戦に向かう国際情勢の中で自衛権を明確に否定することはできないと考えたからであろう。

 《米国の抑止力に依拠した政策》

 その後、冷戦の本格化とともに日本は日米安保体制と自衛隊の組み合わせで安全保障を図る道を選んだ。その際、自衛隊が日本防衛に専念し、自民党政権が集団的自衛権の行使を違憲とする解釈をとってきたことは事実である。

「ニュース」のランキング