産経ニュース

【正論】大国間戦争を回避する集団防衛 京都大学大学院教授・中西寛

ニュース 政治

記事詳細

更新

【正論】
大国間戦争を回避する集団防衛 京都大学大学院教授・中西寛

 衆院の憲法審査会に招致された憲法学者3人が政府提出の安保法制に関して問われ、こぞって集団的自衛権の行使は違憲と回答したことで、集団的自衛権の行使に関する憲法解釈問題が改めて問われることになった。特に自民党推薦の長谷部恭男教授の違憲発言が与えた衝撃は大きかった。その後も元法制局長官らが集団的自衛権違憲論(以下、違憲論)の主張を述べている。憲法学者や法制官僚の間で違憲論が強いことは間違いないであろう。

 《国際政治と結びついた憲法9条》

 一般の憲法解釈について憲法学者の権威を認めることにやぶさかではないが、しかしこと憲法9条に関する限り、政治的、軍事的情勢から切り離して行われる判断は妥当とは思われない。なぜなら憲法9条はその成立から国際政治情勢と深く結びついており、憲法の他の部分とは異なり、国際環境の変化と相応して理解され、時に解釈も変わらざるを得ないからである。これは通常の法解釈に関しては異例であっても、憲法9条に関してはその本質的性格である。

「ニュース」のランキング