産経ニュース

【東京五輪】遠藤五輪相、就任一夜明けから精力的な一日

ニュース 政治

記事詳細

更新

【東京五輪】
遠藤五輪相、就任一夜明けから精力的な一日

舛添要一東京都知事(右)と握手を交わす遠藤利明東京五輪担当相=26日午後、東京都新宿区(三尾郁恵撮影)

 2020年東京五輪・パラリンピックの成功に向けた各省庁間の調整役を担う専任の遠藤利明五輪相は就任から一夜明けた26日、午前中から大会組織委員会やメーン会場となる新国立競技場の費用負担で国と対立した東京都を訪れるなど、早くも精力的に動いた。

 閣議後の閣僚懇談会で「大会をしっかりと運営し、成功させられるよう取り組みたい」と各閣僚に協力を求めた遠藤氏は、午前中に組織委の主要部署が入る超高層複合ビル「虎ノ門ヒルズ」へ移動。森喜朗会長に就任の挨拶をした後、職員から花束を贈られ、「世界に向けて日本の存在感を示せる大会にしたい」と意気込みを語った。

 さらに文部科学省へ出向き、これまで五輪担当相を兼務していた下村博文文科相からサイバーセキュリティー対策などの課題の説明を受けて事務引き継ぎを完了。20年大会の運営を担うため内閣府庁舎に新設された推進本部事務局では、安倍晋三首相とともに看板を設置した。

 午後は東京都庁に旧知の舛添要一知事を訪ね、連携強化で一致。新国立の問題を念頭に「色々な課題はあるが、情報を共有して進めたい」と“調整役”として理解を求めた。内閣府庁舎に戻った夕方に日本パラリンピック委員会の鳥原光憲会長、日本オリンピック委員会の竹田恒和会長と相次いで会談。選手強化についても積極的に意見交換して締めくくった。

「ニュース」のランキング