産経ニュース

9月27日までの会期延長を議決 首相、安保法案の今国会成立期す

ニュース 政治

記事詳細

更新


9月27日までの会期延長を議決 首相、安保法案の今国会成立期す

 国会は22日夜の衆院本会議で、24日までの会期を9月27日まで延長することを与党などの賛成多数で議決した。通常国会での95日間の延長は、昭和56年12月に鈴木善幸改造内閣で召集された第96回国会の94日間を上回り、現行憲法下では最長。与党は大幅延長で集団的自衛権の行使容認を含む安全保障関連法案の確実な成立を期す。

 安倍晋三首相は議決後、国会内で記者団に「最大の延長幅を取って徹底的に議論していきたい」と強調。「最終的には決めるべきときに決める」とも述べ、改めて今国会での法案成立に決意を示した。

 一方、民主、社民、生活3党は反対の意思を示すため、22日の本会議を欠席した。維新、共産両党は出席して延長に反対し、次世代の党は賛成した。

 政府・与党が大幅延長に踏み切ったのは、安保関連法案の審議が難航しているためだ。安保関連法案は5月26日に衆院本会議で審議入りし、与党は審議時間「80時間」を委員会採決の目安としてきた。

「ニュース」のランキング