産経ニュース

今国会9月27日まで延長 衆院本会議で賛成多数で議決

ニュース 政治

記事詳細

更新


今国会9月27日まで延長 衆院本会議で賛成多数で議決

衆院本会議で今国会会期を95日間延長することを、与党などの賛成多数で議決した。民主党などは欠席した=22日午後、国会内(酒巻俊介撮影)

 国会は22日夜の衆院本会議で、24日までの会期を9月27日まで延長することを与党などの賛成多数で議決した。通常国会での95日間の延長は、昭和56年12月に鈴木善幸改造内閣で召集された第96回国会の94日間を上回り、現行憲法下では最長。与党は大幅延長で集団的自衛権の行使容認を含む安全保障関連法案の確実な成立を期す。民主党などの野党は延長に反対した。

 安倍晋三首相(自民党総裁)は22日、公明党の山口那津男代表と国会内で会談し、会期延長について最終確認した。

 首相は「(延長幅が)戦後最長となるが、審議時間を多く取ってしっかり議論する意志を示す」と述べ、改めて今国会中に安保関連法案の成立を期す考えを強調。山口氏は「今国会での成立を図るべく、しっかり協力したい」と応じた。

 政府・与党が大幅延長に踏み切ったのは、安保関連法案の審議が難航しているためだ。安保関連法案は5月26日に衆院本会議で審議入りし、与党は審議時間「80時間」を委員会採決の目安としてきた。

 しかし、衆院平和安全法制特別委員会での審議は、22日までで約54時間にとどまっており、衆院採決が7月中旬以降にまでずれ込む可能性もある。このため十分な審議時間を確保することが必要と判断した。

このニュースの写真

  • 今国会9月27日まで延長 衆院本会議で賛成多数で議決

「ニュース」のランキング