産経ニュース

首相、橋下氏の国政進出に期待感 自民・維新、安保法制で修正協議も

ニュース 政治

記事詳細

更新


首相、橋下氏の国政進出に期待感 自民・維新、安保法制で修正協議も

 安倍晋三首相は14日夜、都内のホテルで維新の党最高顧問の橋下徹大阪市長らと約3時間にわたり会談した。首相は安全保障関連法案の成立に向けた維新の協力を要請。橋下氏は法案への賛否は明言しなかったが、審議引き延ばしなどの日程闘争は行わない考えを示した。会談には菅(すが)義(よし)偉(ひで)官房長官、維新顧問の松井一郎大阪府知事が同席。橋下、松井両氏の国政進出も話題になり、首相は期待感を示したという。

 会談は平成25年12月以来で、今年5月の住民投票で「大阪都構想」が否決され、橋下氏が政界引退を表明した後は初めて。

 松井氏は15日、都内で記者団に、首相が一定の理解を示してきた都構想について、「よくここまできた」とねぎらいの言葉があったことを明らかにした。首相が「政治家・橋下徹への期待感はあるんじゃないか」と述べたことも紹介した。

 会談では、憲法改正の必要性で一致したほか、安保関連法案や、維新が早期採決に賛同した労働者派遣法改正案の扱いなど国会運営についても意見交換した。菅氏は15日の記者会見で、「(維新の)是々非々の立場はまったく変わっていない」と語った。

 会談を受け、政府・自民党は維新との間で安保関連法案の修正協議を行うか検討に入る。菅氏は会見で維新が取りまとめている安保法案の対案について「どの政党であっても真摯に受け止めて対応する」と強調。維新は週末にも、橋下氏を交えて対応を協議する。

「ニュース」のランキング