産経ニュース

【舛添知事定例会見録】「けんかしているんじゃない」「都民から批判一つもない」新国立問題“どこかの国会議員”に反論

ニュース 政治

記事詳細

更新

【舛添知事定例会見録】
「けんかしているんじゃない」「都民から批判一つもない」新国立問題“どこかの国会議員”に反論

定例会見で記者の質問に応じる東京都の舛添要一知事=6月12日、新宿区の東京都庁

 --新国立競技場について、文部科学省が特別立法を検討していることについて、どう受け止めているか。

 「私はずっと憲法を勉強してきました。憲法の規定で、国会で法律を作るときに、ある1つの地方自治体のみを対象にした法律を作る場合には、そこの地方自治体に住んでいる住民の過半数の住民投票で賛成がなければ、法律を制定することはできないと憲法95条は定めています。私が申し上げた『今の法律では50億円ぐらいしか東京都は拠出できません』の1つの答えとして、『では、法律を作りましょうか』ということになったのかもしれません。500億円ぐらいを拠出させるための根拠となる法律を作るようなのですが、その法律の書き方というか、法律の制定の仕方で、それが東京都のみを対象にしているとすると、95条の規定があります。そのことはご理解した上でそういうご提案なさっているのですかという問いを投げかけた次第です。そこから先は国権の最高機関が95条を念頭に置いた上で、95条に抵触しない形で、もしくは95条に沿った形で制定なさるかどうかは、それは国会の仕事だと思いますが、私はすぐ、その95条が念頭にぱっと浮かんだので。中学生以上は日本国憲法を学んでいるはずですから、ぜひ、もう一遍95条をお読みくださいということです」

「ニュース」のランキング