産経ニュース

【舛添知事定例会見録】「けんかしているんじゃない」「都民から批判一つもない」新国立問題“どこかの国会議員”に反論

ニュース 政治

記事詳細

更新

【舛添知事定例会見録】
「けんかしているんじゃない」「都民から批判一つもない」新国立問題“どこかの国会議員”に反論

定例会見で記者の質問に応じる東京都の舛添要一知事=6月12日、新宿区の東京都庁

 --国旗国歌法というのは、単に国旗をこれにします、国歌をこれにしますということが決められているだけで、歌う義務などについては触れられていないが。

 「国歌って、歌うから国歌ではないですか。そこまで言うと、それは、へ理屈の世界になってしまうので、私はやはり国権の最高機関で決められたものは守るべきだと思っています」

 --制定の過程で、当時の総理大臣や官房長官は強制してはいけないということを明言しているが。

 「なぜあの法律ができたかとか、私も制定過程を知っています。たくさんの校長先生が自殺した。こういう面も一方であるのです。議論すれば切りがありません。時間も限られていますので、私の答えはそういうことだということです」

 --五輪会場の見直しを表明してから1年。IOC理事会で8競技が了承された。決まったことを受けての所感は?

 「IOCとしても、やはり財政的にコンパクトであることがコンパクトの神髄であるということ。そうしないと、お金がかかり過ぎてオリンピック開催に手を挙げる都市がなくなるという危機感がある。それで、東京以外の都市でも構わんと、場合によっては外国でもよろしいというところまで極端におっしゃった」

「ニュース」のランキング