産経ニュース

【舛添知事定例会見録】「けんかしているんじゃない」「都民から批判一つもない」新国立問題“どこかの国会議員”に反論

ニュース 政治

記事詳細

更新

【舛添知事定例会見録】
「けんかしているんじゃない」「都民から批判一つもない」新国立問題“どこかの国会議員”に反論

定例会見で記者の質問に応じる東京都の舛添要一知事=6月12日、新宿区の東京都庁

 「3点目です。来週の6月15日に国家戦略特区の第4回東京圏区域会議を開催し、新たなプロジェクトを認定する区域計画を取りまとめることになりました。今回、都としては、都市再生・まちづくりや医療の分野などについて、多くのプロジェクトを区域計画案に盛り込んでいます。また、都内全自治体への国家戦略特区の指定区域拡大について、早急に実現するように国へ要請を行います」

【質疑応答】

 --マグロの死因については分からないままでいくのか。

 「ずっと調査していますが、原因が分かりません。引き続き研究は続けますが、先ほど申し上げたスケジュールに基づいて、マグロの飼育を始めたいと思っています。なかなか死因の特定ができないというのは非常に残念ですが、今の状況はそういうことです」

 --高校入試の採点ミスが今年も1000件を超えた。どう受け止めているか。

 「人間が見ていると人的なミスが起こりやすいので、マークシート方式を導入する。マークシートというのは、基本的にそういう問題がありませんから。合格していたのに落とされていた人がいなかったのは良かったと思っています。ただ、誤字脱字の見落としとか小さな採点間違いがかなりありましたので、さらなる再発防止、改善策をとっていきたいと思っています」

 --全国で、去年生まれた赤ちゃんの数が最少になった。東京都の出生率は1973年以来最下位で、また更新した。この状況をどう受け止めているか。

 「地方創生会議の石破(茂)大臣とも、隣接県の知事とも話をしましたが、(彼らは)『若い女性が東京に憧れて出ていく、その女性が子供を産まないのだ』と。だから、『東京に女性をやっちゃいかん』『地方に行け』という話をなさるのですが…」

「ニュース」のランキング