産経ニュース

日本遺族会新会長に水落氏、来年の参院選への出馬を表明

ニュース 政治

記事詳細

更新


日本遺族会新会長に水落氏、来年の参院選への出馬を表明

 日本遺族会は8日の理事会で、自民党の尾辻秀久元参院副議長(74)が会長を退き、後任に同党の水落敏栄参院議員(72)を充てる人事を決めた。任期は同日から2年。水落氏は記者会見で、来年の参院選比例代表の同党公認候補として出馬を表明した。自民党は参院選比例代表候補に関し、70歳定年制を定めているが、遺族会会員の高齢化を踏まえ、特例で認める方針だ。

 また、水落氏は会見で安倍晋三首相による終戦の日の8月15日の参拝について「遺族会としては一貫して、首相に参拝していただきたいというのが基本だ。しかるべく機会を見つけて首相にお願いしたい」と述べた。

 A級戦犯の分祀(ぶんし)に関しては「靖国神社の意思と責任において(判断が)行われるものだ」と明言を避けた。ただ、「この問題を持って首相の参拝に対し中国や韓国から抗議を受けることは甚だ遺憾だ」と述べ、中韓両国を牽制(けんせい)した。

「ニュース」のランキング