産経ニュース

米政府と沖縄県知事、辺野古移設で平行線

ニュース 政治

記事詳細

更新


米政府と沖縄県知事、辺野古移設で平行線

米政府高官との会談後、質問に答える沖縄県の翁長雄志知事=3日、ワシントン(共同)

 【ワシントン=加納宏幸】訪米中の翁長雄志・沖縄県知事は3日、米国務省のヤング日本部長、国防総省のアバクロンビー次官補代理代行と国務省で会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する考えを伝えた。米側は日米合意をもとに移設計画を進めることが唯一の解決策であると重ねて強調した。

 翁長氏は「辺野古に移すことに県民は我慢できない。日米首脳会談で決めたからといってスムーズに行くことではない」とし、県外・国外への移設を目指すとの持論を伝えた。

 これに対し、国務省は3日、移設を進展させるとの日米両政府の姿勢は「揺るぎがない」と知事に伝えたとする声明を発表。辺野古移設が運用、政治、財政、戦略に関わる懸念に対処し、普天間飛行場の固定化を避ける「唯一の解決策」だとした。施設建設の成功で「地域に日米同盟の強固さを知らしめ、脅威を抑止できる」とも指摘した。

 翁長氏は5月30日にワシントン入りし、上院軍事委員会のマケイン委員長(共和)、リード筆頭理事(民主)ら計8人の米連邦議員や、シンクタンク関係者らと会談した。

「ニュース」のランキング