産経ニュース

「18歳選挙権」法案が衆院特別委で可決

ニュース 政治

記事詳細

更新


「18歳選挙権」法案が衆院特別委で可決

 衆院政治倫理・公選法改正特別委員会は2日、選挙権年齢を「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げる公職選挙法改正案を全会一致で可決した。

 4日の本会議で衆院を通過し、6月中旬にも成立する見通し。来年夏の参院選から適用される。改正案には、未成年者が連座制の適用となる悪質な選挙違反に関与した場合は、原則として検察官送致(逆送)となる規定も盛り込まれた。

「ニュース」のランキング