産経ニュース

民主揚げ足とり一変? 抑止力の“限界”指摘相次ぐ

ニュース 政治

記事詳細

更新


民主揚げ足とり一変? 抑止力の“限界”指摘相次ぐ

衆院平和安全法制特別委員会で、質問する民主党の前原誠司氏=1日午前、国会・第1委員室(斎藤良雄撮影)

 新たな安全保障法制をめぐり、民主党の前原誠司、玄葉光一郎両元外相が1日の衆院平和安全法制特別委員会で質問に立ち、法制の必要性を前提に「抑止力の限界」を指摘した。民主党はこれまで自衛隊のリスクを強調する“揚げ足取り”が目立っただけに、与党側からは「ようやく本質的な議論となった」(若手)との声が漏れた。

 この日の特別委では、岸田文雄外相の答弁をめぐり審議中断の原因を作った後藤祐一氏の質問中は自民党側からやじも飛んだが、前原、玄葉両氏の順番になると打って変わって静まりかえった。

 「そういう答弁が続くと、本当に抑止力が向上するのかなという感じがしないでもない」

 玄葉氏がこう苦言を呈したのは、安倍晋三首相が外国領域で武力を行使すべき事態として、中東・ホルムズ海峡での機雷掃海以外は「念頭にない」との答弁を繰り返したことだった。「ホルムズ海峡」ばかりが強調されれば、自衛隊が必要に応じて行動できる幅を狭める懸念があったためとみられる。

このニュースの写真

  • 民主揚げ足とり一変? 抑止力の“限界”指摘相次ぐ

「ニュース」のランキング