産経ニュース

【党首討論 安倍VS岡田(1)】安倍首相「日米同盟と自衛隊の存在で日本は平和を享受できた」 岡田代表「9条で平和保たれた」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【党首討論 安倍VS岡田(1)】
安倍首相「日米同盟と自衛隊の存在で日本は平和を享受できた」 岡田代表「9条で平和保たれた」

党首討論で質問に立つ民主党の岡田克也代表(左)。右は安倍晋三首相=20日午後、国会・衆院第1委員室(酒巻俊介撮影)

 民主党の岡田克也代表「民主党の岡田克也です。よろしくお願いします。まず、本論に入る前に、党首討論は、確か各党で合意した国会改革の中で、月に1回ということ決められたはずだった。総理がアメリカに行く前にぜひ一度やりたかったのですが、今後、国会も長くなると思う。月に1回やるとお約束いただきたいと思う」

 「さて、まず安全保障法制について、基本的な質問をいくつかしたい。戦後70年、日本は平和な時代だった。これはいろんな理由があると思う。政治の力もあったし、外交もあったし、自衛隊の皆さんの頑張りもあったし、運もあった。しかし、私は大きく言って2つあると思う」

 「ひとつは日米同盟だ。日米同盟の米国の抑止力によって日本の安全は保たれてきた。間違いのない事実だと思う。もう一つは、やはり憲法。憲法9条があって日本の武力行使、海外での武力行使を封じてきた。そういう中で日本の平和は保たれてきたと私は思う。総理はこの憲法が果たしてきた戦後70年の役割、平和についての役割、どう考えているか、基本的なことをお答えいただきたい」

「ニュース」のランキング