産経ニュース

安倍-翁長会談 覚悟示した首相 知事、最後は県民投票

ニュース 政治

記事詳細

更新


安倍-翁長会談 覚悟示した首相 知事、最後は県民投票

会談を前に安倍晋三首相(右)と握手する沖縄県の翁長雄志知事=17日午後、首相官邸(酒巻俊介撮影)

 安倍晋三首相は翁長雄志知事の就任から4カ月で会談に応じ、今月28日の日米首脳会談を前に翁長氏との対話に自ら乗り出す姿勢を鮮明にした。一方、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対する声を広げる「世論戦」に躍起の翁長氏だが、大きな成果があったとはいいがたいようだ。

 首相「お久しぶりです」

 翁長氏「改めまして」

 会談の冒頭、そう挨拶(あいさつ)を交わした。かつて自民党に所属した翁長氏の選挙を首相が支援したことを意識したやりとりだったが、会談で溝は埋まらなかった。

 政府内には、首相がこの時期に会談することに否定的な見方があった。翁長氏が対決姿勢を軟化させる見込みがなかったからだ。対話をしたという訪米前のアリバイづくりとの批判を反対派から浴びることも避けられない。

 それでもなお首相が会談に応じたのは、辺野古移設という日米合意を推進する覚悟を示すことを優先させたためだ。移設が実現しない限り、首脳会談直前に再改定する日米防衛協力の指針(ガイドライン)も絵に描いた餅になりかねない。

 そもそも、翁長氏との会談は沖縄戦が終結したとされる6月23日の「慰霊の日」に合わせた首相の訪沖時が候補に挙がっていた。それを前倒ししたのは、日米首脳会談という政治日程に加え、「(翁長氏との)会談に応じなければ冷遇との批判がつきまとい、国民の視線も厳しくなる」(政府高官)との判断もあった。会談を実現して翁長氏の主張に耳を傾け、首相は批判の芽を摘んだわけだ。

「ニュース」のランキング