産経ニュース

安倍首相、17日に翁長沖縄知事と会談へ

ニュース 政治

記事詳細

更新


安倍首相、17日に翁長沖縄知事と会談へ

安倍晋三首相(左)と沖縄県の翁長雄志知事

 菅義偉官房長官は16日の記者会見で、安倍晋三首相と沖縄県の翁長雄志知事が17日に会談すると発表した。首相は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に理解を求める考えだが、翁長氏は移設反対の考えを訴える構えだ。首相と翁長氏の会談は、昨年12月に翁長氏が知事に就任して以来、初めて。官邸で午後1時半から約30分の予定で行われ、菅氏と安慶田光男副知事が同席する。

 菅氏は記者会見で「知事が私との会談で、『首相にぜひ会いたい』という話があったので調整した」と説明。会談の内容に関しては「就任のあいさつとか、いろんなことがあると思う」と述べるにとどめた。一方の翁長氏は16日、沖縄県庁で記者団に対し「辺野古建設はできないとしっかり伝えたい」と明言した。

 翁長氏は5日、菅氏と那覇市内で会談した際、辺野古移設の政府方針を「上から目線」「政治の堕落」と厳しく批判。移設反対の姿勢を曲げず、「平行線」に終わった。このため、政府内には首相が翁長氏と会談するのは「時期尚早」として慎重な意見があった。

 それでも首相が早々に応じたのは今月下旬に訪米が控えているためだ。仲井真弘多前知事が辺野古の埋め立て申請を承認したにもかかわらず、後任の翁長氏が辺野古反対を訴えているため、米政府には移設事業が頓挫しかねないとの懸念が広がりつつある。首相は対話姿勢をアピールすることで、米政府の不安を払拭したい狙いがある。

「ニュース」のランキング