産経ニュース

【統一地方選2015】知事選投票率47・14% 過去最低、無関心映す

ニュース 政治

記事詳細

更新

【統一地方選2015】
知事選投票率47・14% 過去最低、無関心映す

■道府県議選は45・05%

 12日に投開票された統一地方選前半戦の10道県知事選と41道府県議選の平均投票率はいずれも5割を切り、過去最低を更新した。知事選で与野党相乗りが相次ぎ盛り上がりを欠いたほか、地方議会そのものへの関心の低下も影響した格好だ。

 10道県知事選の平均投票率は47・14%で、過去最低だった平成15年の52・63%を下回り、初の50%割れとなった。神奈川、福井、鳥取、福岡の4県で過去最低を記録したが、与野党対決型だった北海道は0・16ポイント増の59・62%、大分は1・38ポイント増の57・82%と前回を上回った。

 41道府県議選の平均投票率も45・05%と、過去最低だった前回23年の48・15%から3・10ポイント低下した。前回を上回ったのは1・13ポイント増の岐阜だけで、38道府県で過去最低となった。富山は10・73ポイント、佐賀は9・28ポイントと大幅に下落した。5政令市長選、17政令市議選の平均投票率も、それぞれ51・57%(前回比2・38ポイント減)、44・28%(同3・31ポイント減)と、いずれも過去最低を更新した。

 一方、10道県知事選で、当日有権者数に対して当選者がどれだけ得票したかを示す「絶対得票率」をみると、4県で前回より増加した。このうち神奈川、三重、福岡の3県の知事は、いずれも再選組で、この4年間の新たな取り組みが有権者に評価されたとみられる。

 絶対得票率を減らした6道県の知事は今回の当選で3期以上となるベテランぞろい。道県政のマンネリ感や、選挙戦序盤から現職が有利とみられていたことから、投票を控えた有権者も少なくなかったようだ。(桑原雄尚)

「ニュース」のランキング